サービス終了のお知らせ
インターネット・バブル
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
インターネット・バブル英語: Internet Bubble)とは、1990年代前期から2000年代初期にかけて、アメリカ合衆国の市場を中心に起った、インターネット関連企業の実需投資や株式投資の異常な高潮である[1]ハイテクバブル[2]ITバブルとも呼ばれるが、英語では「dot-com bubble(ドットコム・バブル)」と言う[3]
ドットコム会社」と呼ばれる多くのIT関連ベンチャーが設立され、1999年から2000年までの足掛け2年間に亘って株価が異常に上昇したが、2001年にはバブルは弾けた[4]
日本では、1999年2月から2000年11月までの景気拡張期を、景気の名称(通称)で、「ITバブル」の他に、「IT景気」や「ITブーム」などと呼ばれる。また、2000年12月から2002年1月までの、ITバブル崩壊による景気後退期を景気の名称で、「IT不況」や、「第3次平成不況」、「デフレ不況」などと呼ばれる。
目次
1.背景
2.株価
3.ITバブル崩壊
4.世界的影響
└4.1.日本
5.文献情報
6.脚注
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/18 03:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant