サービス終了のお知らせ
イタリアの映画
▼人気記事ランキング
8.1990年以降
1980年代終わり以降、新しい世代の映画監督たちがイタリア映画の復興に一役買っている。 1990年、ジュゼッペ・トルナトーレの『ニュー・シネマ・パラダイス』が第63回アカデミー賞アカデミー外国語映画賞を受賞。1998年にはロベルト・ベニーニの『ライフ・イズ・ビューティフル』が第71回アカデミー賞でアカデミー外国語映画賞、主演男優賞第51回カンヌ国際映画祭でも審査員特別グランプリを受賞し、イタリア映画の復活は確実なものとなった。2001年にはナンニ・モレッティの『息子の部屋』が第54回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した。

その他の目立った作品にはロベルト・ファエンツァの『鯨の中のヨナ』(1993年)、フランチェスカ・アルキブージの『かぼちゃ大王』(1993年)、エルマンノ・オルミの『ジョヴァンニ』(2001年)、マルコ・ベロッキオの『母の微笑』(2002年)、ジャンニ・アメリオの『小さな旅人』(1992年)や『家の鍵』(2004年)、フェルザン・オズペテクの『向かいの窓』(2003)、クリスチナ・コメンチーニの『心の中の獣』などがある。

[4]前ページ
(7.1980年代の危機)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/16 20:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant