サービス終了のお知らせ
イタリアの映画
▼人気記事ランキング
4.ピンク・ネオリアリズモとコメディ
デ・シーカの『ウンベルトD』が、最もよくネオリアリズモの本質をあらわしている作品だと言われている。そのためか、また他の理由からか、ネオリアリズモの動きはこの作品で終結したとも言える。続く作品達は、国の発展に伴ってか、もっと分かりやすくて軽いタッチものになっていき、そういった作品はピンク・ネオリアリズモネオレアリズモ・ローザ Neorealismo rosa)と呼ばれた。そしてセレブリティとなっていく女優たちが現れていくが、その中にはソフィア・ローレンジーナ・ロロブリジーダ、シルヴァーナ・パンパニーニ、ルチア・ボゼー、エレオノラ・ロッシ=ドラゴシルヴァーナ・マンガーノクラウディア・カルディナーレステファニア・サンドレッリなどがいた。しかし、すぐにこのユニークなジャンルは「イタリア式コメディ Commedia all'italiana」にとって変わられ、社会的なテーマが真面目に語られるより、ユーモアを交えて描かれるようになっていった。

この時期、商業的に目立った点としてはナポリ出身のコメディアン、トトTot?)の人気が挙げられる。彼の映画(ペッピーノ・デ・フィリッポやマリオ・カステッラーニ共演)は新写実主義な風刺が特徴であった。トトは「映画機械 film-machine」とも言えるほど毎年多くの映画に出演したが、同じような内容の作品も多かった。彼の経歴(ナポリの貧しい地域に、侯爵の家系に生まれた)、ユニークな顔、独特の物まねやジェスチャーは比類のないもので、彼はイタリアで最も愛されるコメディアンとなった。

「イタリア式コメディ」はマリオ・モニチェリが1958年に監督した『いつもの見知らぬ男たち』ではじまり、その名称自体はピエトロ・ジェルミの『イタリア式離婚狂想曲』 (原題Divorzio all'Italiana) から取られたと言われている。ヴィットリオ・ガスマンマルチェロ・マストロヤンニウーゴ・トニャッツィクラウディア・カルディナーレモニカ・ヴィッティニーノ・マンフレディなどはコメディ映画に出演して有名になった。

[4]前ページ
(3.ネオレアリズモ)
[6]次ページ
(5.マカロニ・ウェスタン)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/16 20:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant