サービス終了のお知らせ
イードメネウス
▼人気記事ランキング
概要
イードメネウス古希: ?δομενε?? , ?domeneus, 「イーデーの力」の意味)は、ギリシア神話の登場人物である。長母音を省略してイドメネウスとも表記される。クレータ島の王。デウカリオーンの息子で、クレーテーと兄妹、モロスとは異母兄弟[1]。クレータ王ミーノースの孫にあたる。息子の名はオルシロコス[2]

ヘレネーの求婚者の1人としてクレータ島の軍勢80艘を率いてトロイア戦争に参加する[3]。モロスの子メーリオネースは彼の従者であり戦友である。アガメムノーンの助言者の1人。トロイア戦争当時には初老であったが[4][5]、アガメムノーン、ディオメーデースオデュッセウスといったアカイア勢の英雄たちがヘクトールの猛攻で傷つき倒れた際に、危地を救うべく奮戦している[6]トロイアの木馬の中にいたアカイア勢の1人であり、13人の敵兵とブレムーサ(トローイア側の援軍アマゾーンの1人)を倒している[7][8]。トロイア戦争を無事に生き残り帰国した。

アテーナイのアポロドーロスによる後の伝承では、帰国する際にイードメネウスの船は嵐に遭遇し、ポセイドーンに「この状況から救ってくれるのなら、国に戻って初めて会うものを生け贄に捧げる」と誓った。しかし初めて出会ったものは彼の息子で、イードメネウスは彼を生け贄に捧げた。神は息子を生け贄に捧げたことに怒り、疫病をクレータ島に遣わし、クレータ人はイードメネウスを追放した[9]。その後彼はアナトリア半島コロポーンで亡くなった[10]マルクス・テレンティウス・ウァロによるとサレンティーニ人は彼の子孫である[11]

他の伝承では、レウコスという男がイードメネウスの妻メーダーを誘惑し、後に殺害、王位を奪ってイードメネウスをクレータ島から追放した[12]

Achterbergらの仮説によれば、ファイストスの円盤はイードメネウスに言及している( i-du-ma-na という単語が存在する B.IX)[13]

モーツァルトの1781年のオペラ・セリアイドメネオ』はイードメネウスのクレータ島への帰還を題材にしている。

系図[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

アポロドーロス『ギリシア神話』高津春繁訳、岩波文庫(1953年)
ウェルギリウスアエネーイス岡道男高橋宏幸訳、京都大学学術出版会(2001年)
ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』松田治・青山照男訳、講談社学術文庫(2005年)
ホメロスイリアス(上・下)』松平千秋訳、岩波文庫(1992年)
ホメロス『オデュッセイア(上・下)』松平千秋訳、岩波文庫(1994年)
出典:Wikipedia
2019/02/23 01:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant