アフリカの年
▼人気記事ランキング
2.1960年に独立を達成した国
アフリカの年となった1960年にアフリカ大陸の独立国は9カ国(人口9500万人)から一気に26カ国(人口1億8000万人)にまで増加した[5]。独立を達成した全ての国でパン・アフリカ主義が強調された[6]

太字は旧フランス植民地

カメルーン:武力闘争が活発化し、前年に国際連合信託統治の終了を決定したフランス領地域がこの年の1月1日に独立を達成。翌1961年にはイギリス領カメルーンの南部と合併した[7]
トーゴ1958年2月に独立派が議会選挙で勝利し、この年の4月27日にフランスからの独立を達成。シルバヌス・オリンピオ初代大統領は1963年1月に発生したクーデターによって殺害された[7]
マリ連邦6月20日にフランスからの独立を達成。8月20日セネガルが分離独立したために、9月22日マリ共和国として改めて独立を達成[7]
マダガスカル:1958年にフランス共同体内の自治領を宣言し、この年の6月26日フィリベール・ツィラナナがド・ゴールを説得して独立を達成し、初代大統領に就任した[7]
ソマリランド:6月26日にイタリアからの独立を達成[7]
コンゴ共和国(コンゴ・レオポルドヴィル):パトリス・ルムンバの指導下で6月30日ベルギーからの独立を達成[7]。独立直後から国の南部で分離主義運動が盛んとなり、9月にはルムンバは権力を喪失した。彼はその後に誘拐されて拷問を受け、処刑された[8]コンゴ動乱)。
ソマリア:7月1日にイギリスからの独立を達成し、5日前にイタリアからの独立を達成したソマリランドと合併[7]
ダホメ:1958年に実施された投票によってフランス共同体内の自治領となり、8月1日に独立を達成。独立直後から政情は不安定であり、1975年に国名をベナンに改称した[7]
ニジェール:1958年に実施された投票によってフランス共同体内の自治領となり、この年の8月3日に独立を達成。アマニ・ディオリ初代大統領は1974年に発生したクーデターによって失脚した[7]
オートボルタ:1958年にフランス共同体内の自治領を宣言し、この年の8月5日に独立を達成。1984年に国名をブルキナファソに改称した[7]
コートジボワール:1958年に実施された投票によってフランス共同体内の自治領となり、この年の8月7日に独立を達成。フランスとの親密な関係を維持し、西アフリカで最も豊かな国の一つとなった[7]
チャド:1958年にフランス共同体内の自治領を宣言し、この年の8月11日に独立を達成。フランソワ・トンバルバイ初代大統領は少数派の南部のキリスト教徒の出身であり、北部のイスラム教徒との関係が急速に悪化し、内戦に発展した[7]
中央アフリカ共和国:1958年にフランス共同体内の自治領を宣言し、この年の8月13日に独立を達成。初代大統領の従兄弟で国民的英雄でもあったバルテレミー・ボガンダは独立前年の1959年3月29日に飛行機事故により、亡くなった[7]
コンゴ共和国(コンゴ・ブラザヴィル:1958年に実施された投票によって99%の人々がフランス共同体内の自治領となる道を選択し、この年の8月15日に独立を達成[7]
ガボン8月17日にフランスからの独立を達成[7]
ナイジェリア10月1日北部州西部州東部州の3地域の連邦制国家としてイギリスからの独立を達成。アフリカ大陸で最も多くの人口を抱える国となり、直ぐに深刻な民族・宗教対立の問題に直面した[7]
モーリタニア11月28日モロッコアラブ連盟からの反対にも関わらず、フランスからの独立を達成[7]
[4]前ページ
(1.発端)
[6]次ページ
(3.1.南アフリカ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/24 04:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant