アフリカーンス語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
アフリカーンス語Afrikaans)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派西ゲルマン語群に属する低地ドイツ語に属し、オランダ語から派生した言語である。
言語学的には低地ドイツ語のうち低地フランク語低地ザクセン語と近縁関係にある)の中の一方言であるとされるが、下記に示すとおりその独特な語彙から低地ドイツ語の中でもオランダ語(オランダ大方言)とは別の方言だという説も有力である。
クワズール・ナタール州以外の南アフリカ共和国全土に広く普及しており、オランダ白人であるアフリカーナー(かつてはブール人と呼ばれた)が母語とするほか、カラード(白人と黒人など有色人種の混血)にも母語とする者が多い。南アフリカ共和国の公用語の一つで、ヨーロッパ系言語の中で最も新しい言語である。
目次
1.概要
2.アフリカーンス語が使用される国々
├2.1.南アフリカ
└2.2.ナミビア
3.発音
├3.1.母音
└3.2.子音
4.オランダ語との差異
5.方言
6.言語名
7.日本人研究者
8.関係文献等
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/07/04 15:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant