アビオニクス
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.2.速度
機体が高速化するにつれ対気速度の測定誤差が増えたため、位置誤差や計器誤差を予測計算して補正するエア・データ・コンピュータが利用されるようになった。

[4]前ページ
(2.1.通信)
[6]次ページ
(2.3.航法)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/05 17:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/20 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位山口組
 4位10月19日
 5位令和元年台風第19号
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant