アニメーター
▼人気記事ランキング
3.日本における労働環境
国内のアニメーターの多くは、有名クリエーターを夢見て目指す者が多い。原画として成功したときの見返りは多く、高い実力の持ち主が独立した場合などは、多くの収入を得ることも出来るが、独立まで行ける者はほんの一握りであり、ほとんどのアニメーターが一般的なサラリーマンの収入よりもはるかに低い年収レベルであり、また基礎から育てられずに動画から原画に促成的に移行させられることに因る力量不足などで挫折し、業界を離れて行くケースも多いと言われている。基本的にアニメーターで生活出来ていないと報道されているのは原画へ出世出来ていない動画マンである[5][6]

1980年代には低収入という認識が芸術系学生の間で広まっており、当時アニメーターを目指し日本大学芸術学部へ進学した青山剛昌は、入会した漫画研究会の先輩である矢野博之漫画家の方が儲かると言われ進路を変更したという[7]

現在の日本のアニメーターの多くは契約社員かフリーランス(個人事業主)であり、正規雇用正社員)でないため、健康保険厚生年金などの福利厚生は無い。固定給制である制作会社スタジオジブリ京都アニメーションなど少数である。また、実力を認められたアニメーターが会社側から拘束をうけ、単価とは別の固定給をもらうという場合も存在する。新人アニメーターの担当する作業は低単価の動画であるが、原画から育成する方針のスタジオも存在する[1]

動画1枚・原画1カットの単価×出来高制の業務委託請負形式であるが、アニメ作品の商業的な成功失敗が、請負金額に反映されることは無い。作画監督は1話の制作期間(2カ月程度)拘束されるため、作品の掛け持ちや、あるいは制作会社が拘束料を支払い専属の契約社員となる場合もある。

新人アニメーターの多くは契約社員であり、動画担当は劣悪な労働環境と収入の問題から1年間で90%が辞めていく状態である。平均労働時間は1日約18時間、週2回は徹夜で月収約2〜3万円(新人)。中堅クラスのアニメーターでも動画マンだと月収は約7万5000円〜10万円(この金額自体、普通のサラリーマンの手取り金額の40%もない。さらに、この7.5万円〜10万円から社会保険料所得税も引かれるため、アニメーターのひと月の手取り金額は5万円以下になることがほとんど)、良くても約15万円といわれ、実家からの仕送りや副業により収入を得ていることも多い。

収入が少ない理由として、1枚の動画の単価が約150円〜200円程度であり、採用されなければ0である。また原画動画の単価は昔から大きく変化もしていないこともあり、アニメーターの約25%は年収100万円以下であるといわれる(日本芸能実演家団体協議会の2008年における調査)。

また30年ほど前は月に、1000枚ほど生産していた動画アニメーターが存在していたのに対し、現在は制作体制が変化し、パソコンにスキャンして彩色する関係上作画の線を綺麗に描かなければならないこと、視聴者から求められている作画のレベルが上がっていることから、1人で多くの枚数を生産しにくい状況となっており、月に500枚描ければ動画マンは一人前とも言われる。動画マンとしての仕事を覚えて現場でアニメーターとしての実力を認められると原画の仕事に移行する[8]。原画の場合は1枚では無く、1カットの単価が約3000円〜5000円となり、責任者である作画監督になると、1話あたりの単価が30〜40万円ほどになるといわれている。

また、広告代理店やTV局が制作費の多くを中抜き(搾取ピンハネ)しており、制作会社に与えられる制作費が少ないため、これも動画マンのアニメーターに十分な報酬がない理由のひとつともいわれている。 アニメ監督の山崎理は、「アニメ制作の予算配分はおかしく、音響監督脚本家、撮影は、もらいすぎではないか」と疑問を呈している[9]

劣悪な労働条件を改善するため、2007年平成19年)10月13日に、スタジオライブ社長の芦田豊雄の呼びかけで、日本アニメーター・演出協会(JAniCA)が設立された[10]

2008年株式会社ボンズ名義でアニメーターの個人情報が流出する事件が起こり、アニメーターの格付けが行われている実態が明らかとなった。その格付けによると「こいつはクビ」「戦犯」「会社の癌」などとされていた(ボンズ側は一切関係ないと否定)。

その一方で、中国AGC企業が日本で会社を設立し、良い人材を集めるため、日本の制作会社より高い待遇を提示する例も見られるようになっている[11]

2016年10月頃より株式会社ピーエーワークス所属のアニメーターが自身のTwitterにおいて、支払明細書を掲げた上で同社の雇用条件や賃金に対して、批判的なツイートを連発。この人物が公開した給与のうち、もっとも高額だったのは2016年10月支払分の6万7569円だった[12]。それらが注目されて、ネット上の各所に情報が拡散される事態となった。

1990年代後半からアニメ制作にコンピュータを使うことが一般化(デジタルアニメ)し、2000年代以降は静止画の自動生成技術により省力化が進められているが、デジタル化されても一定数の人手が必要なため、現在でもアニメーション業界は労働集約型産業とされる[13]

DeNAでは中割りの自動生成技術の開発を行っている[14]

[4]前ページ
(2.海外における労働環境)
[6]次ページ
(4.教育)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/11 18:00
ソ人気記事ランキング
2019/07/17 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月16日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant