アナキズム
▼人気記事ランキング
5.アメリカにおけるアナキズム
アメリカ合衆国ではリバタリアニズムが保守本流である。政府の介入を拒むという意味ではアナキズムに近いが、チョムスキーのようなアナルコサンディカリストとはもちろん正反対の思想といってよく、議論が続いている[29]

また、リバタリアニズムを徹底的に押し進め、政府のない自律的な自由競争市場を理想とする資本主義的な無政府主義思想としてアナルコ・キャピタリズムがある。アナルコ・キャピタリストのなかには元トロツキストも多い[30]。アメリカ合衆国では米ソ冷戦後一部で台頭し、社会主義的なアナキストと、アナルコ・キャピタリズムの支持者との間で激しい論争が起こった。

[4]前ページ
(4.4.保守主義的アナキズム)
[6]次ページ
(6.1.近代日本)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/07 11:31
ソ人気記事ランキング
2019/11/19 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位伊藤綾子
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant