アナログ-デジタル変換回路
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
アナログ-デジタル変換回路(アナログ-デジタルへんかんかいろ、A/D変換回路)は、アナログ電気信号デジタル電気信号に変換する電子回路である。A/DコンバーターADC(エーディーシー)、英語: Analog-to-digital converter)とも言う。
また、アナログ-デジタル変換(アナログ-デジタルへんかん、A/D変換)は、アナログ信号をデジタル信号に変換することをいう。
逆はデジタル-アナログ変換回路である。
変調方式の一種として見た場合は、A/D変換はパルス符号変調である。A/D変換のような操作をデジタイズということがある。
基本的なA/D変換の操作は、まずサンプリング周波数で入力を標本化し、それを量子化することでおこなう。標本化にともなう折り返し雑音は、重要な問題である。また、量子化にともなう量子化誤差による量子化雑音もある。
目次
1.原理
├1.1.フラッシュ型(並列比較型)
├1.2.逐次比較型およびパイプライン型
├1.3.傾斜型および追従型
├1.4.VF変換型
├1.5.二重積分型(二重傾斜型)
├1.6.ウィルキンソン型
└1.7.デルタ・シグマ型
2.AD変換器の性能表示
├2.1.分解能
├2.2.誤差
├2.3.変換時間とサンプリング周波数
└2.4.時間方向の誤差
3.電気記号
4.関連項目
5.参考文献
出典:Wikipedia
2016/07/24 20:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/18 更新
 1位日本
 2位令和元年台風第19号
 3位10月17日
 4位ブルガリア難民射殺事件
 5位ジョンベネ殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant