サービス終了のお知らせ
アトラス航空
▼人気記事ランキング
3.保有機材
アトラス航空の機材は以下の航空機で構成される(2018年現在):

ボーイング747-400F 22機 (うち4機がBDSF型。他4機は日本貨物航空等からの移籍機でN40*KZのレジ機が元NCA機である。今後も中古導入が予定されている。)
ボーイング747-400LCF(ドリームリフター ) 4機
ボーイング747-400 4機
ボーイング747-8F 9機
ボーイング757-200 1機
ボーイング767-200 9機
ボーイング767-300 5機
ボーイング767-300F 2機
ちなみに、ボーイング747-8Fも12機を発注したが、初期製造にあたる3機の発注を取り消し9機の導入へ変更された。

フロリダ州マイアミにあるアトラス航空乗務員訓練所では、自社パイロットの訓練だけでなく、アメリカ空軍第89空輸航空団英語版メリーランド州アンドルーズ空軍基地)から政府専用機パイロットの訓練も委託されているほどの信頼と実績もある。

なお、同社が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は7Uで、航空機の形式名は747-47UF, 747-87UF などとなる。

かつてはボーイング747型機のクラシックと呼ばれる100,200,300型機を運用していて、200型機の中には元全日空機、タイ国際航空機、アリタリア航空機、300型機はヴァリグ航空機も存在していた。

[4]前ページ
(2.1.旅客チャーターの参入)
[6]次ページ
(5.事故)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/26 21:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant