サービス終了のお知らせ
アクティブタイムバトルシステム
▼人気記事ランキング
2.誕生までの成り立ち
過去のRPGの戦闘システムを「つまらなくて眠い」と評した当時のスクウェアのデバッガーシステムエンジニアだった伊藤裕之[2]が発明した。

最初はリアルタイム制から考えていたが、従来のRPGユーザー(主に『ドラゴンクエスト』ブーム以後の世代)を否定することになると実装に踏み切れないでいた。しかし趣味のF1を見ていたときに、フェラーリセミオートマチックトランスミッションの技術を参考に、セミリアルタイムの概念を発明する[3]

このRPGでの戦闘の時間を活性化(アクティブ)させるシステムをアクティブタイムバトル (ATB) と名付けた。

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.特許を取った主な理論)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/27 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant