アクロイド殺し
▼人気記事ランキング
3.本作のトリック
3.2.トリックの位置付け
当時の推理小説は、エドガー・アラン・ポーデュパン作品やコナン・ドイルシャーロック・ホームズ・シリーズに代表されるように、「主人公である探偵役の活躍を別の登場人物が書いたもの」という形式が主流であった。過去のポアロ物も、ヘイスティングズ大尉が記述者という形を取っていた。

『アクロイド殺し』はヘイスティングズ大尉に代わってシェパード医師の手記という形式の小説であったが、そのシェパード医師自らが犯人であること、またそのことをポアロだけに対してではなく読者に対しても隠して騙すという、設定を逆手に取ったプロット、トリックを用いた[10]。語り手のシェパード医師は嘘は書かなかったものの、自らが犯した殺人の決定的な描写をわざとあいまいに書いている。これが今日に言う叙述トリックもしくは信頼できない語り手であったために、フェア・アンフェア論争を引き起こすこととなった。さらに同年にはクリスティの失踪事件も起き、話題が大きくなった。しかし、この作品によってクリスティはベストセラー作家の仲間入りを果たし、彼女の知名度を大きく高める結果となった。先述のように現在でも代表作の一つに挙げられる。

[4]前ページ
(3.1.トリックの発想の起源と画期性)
[6]次ページ
(3.3.フェア・アンフェア論争)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/13 08:00
ソ人気記事ランキング
2019/03/26 更新
 1位日本
 2位イチロー
 3位NHKのアナウンサー一覧
 4位オダイジュンコ
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant