サービス終了のお知らせ
アイビー・リーグ
▼人気記事ランキング
6.文化的影響
アイビー・リーグに通う学生たちのブレザースタイルを中心とした着こなしは、アイビー・ルックまたはアイビー・スタイルと呼ばれ米国発のファッションとして一つのスタンダードとなっている[35]

原型はイギリスのオックスフォード大学ケンブリッジ大学に通う貴族子弟のファションとされ、オックスフォード・シャツとネイビー・ブレザーアスコット・タイ、といった組合せが1920年頃から定着した[37]

1950年代以降は映画の中でポール・ニューマンなどのハリウッド俳優が着用したチノパンとポロシャツにスポーツジャケットを組み合わせたファッションが、若者の間で注目を集めるようになった[37][38]

またハーバード大学を卒業間もないJ・F・ケネディらのブレザースタイルが雑誌などで「経済的な余裕と健康な若々しさを兼ね備えたファッション」[36]と繰り返し紹介されたことも、アイビー・スタイルが人気を集めるきっかけになったとされる[36][39]

こうした人気を背景にJ・プレスブルックス・ブラザースといったブランドがアイビー・リーグに通う学生のスタイルをまねたファッションを大々的に販売するようになり[39]、1950年代半ばから本格的にアメリカ社会に定着した[40][41]

[4]前ページ
(5.2.日本との関係)
[6]次ページ
(7.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/06 17:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant