アイドル
▼人気記事ランキング
3.男性アイドル史
3.6.2010年代
2010年代現在、ジャニーズの中で大衆的な人気を得ているのはが事実上最後であり、それ以後デビューさせたNEWSKAT-TUNHey! Say! JUMPなどは、脱退メンバーも出始めるなど、大きな成果を出せずにいる。LDHのEXILE系列グループは若年メンバーが数多く登場してきてアイドル性が強化され、ジャニーズに比べて男性的なイメージと大衆の志向に合致する楽曲で好評を得た。

さらに、2012年に入って日韓の政治的関係が徐々に冷却され、これによりK-POP男性アイドルが日本のテレビ番組などに出演することが、非常に困難となった。その代わりにLDH系列グループが従来の韓流アイドルの需要を吸収し、その代替材として置き換えられたとされている。しかし、韓流固定ファン層と市場を確保しているため、SEVENTEENSHINeeEXO防弾少年団などをはじめとする、さまざまなグループがそうした状況の中で安定的に活動している。一方、ライジングプロダクションの男性アイドルも活動が多く減り、スターダストプロモーションなどからも男性アイドルグループが多数デビューしているが、こちらもまだ明確な成果はない。現在の男性アイドルは、三代目 J Soul Brothersを筆頭に、GENERATIONSTHE RAMPAGEFANTASTICS関ジャニ∞Hey! Say! JUMPKis-My-Ft2Sexy ZoneA.B.C-ZジャニーズWESTKing & Prince超特急DISH//BOYS AND MEN祭nine.などが活動している。

またYouTubeで活動しているフィッシャーズ東海オンエアなどの男性YouTuberグループが若年層の女子を中心にアイドル的な人気を得ている。韓流アイドルでは、東方神起BIGBANGが人気を保持しており、宮野真守神谷浩史Kiramuneといった声優アイドルも人気を獲得している。年配女性をターゲットとした演歌アイドルとしては山内惠介純烈が挙げられる。

[4]前ページ
(3.5.2000年代)
[6]次ページ
(3.7.主な男性アイドル)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/13 12:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant