サービス終了のお知らせ
アイドルマスター シンデレラガールズ
▼人気記事ランキング
1.概要
アイドルが描かれたカードを集め、育成して、「お仕事」や「Liveバトル」を行っていく。主な略称は、「モバマス」[3]「デレマス」[4]「モゲマス」[5]などがある。

180人以上の本作オリジナルキャラクターのアイドルが登場するほか、『THE IDOLM@STER 2』の765プロ所属アイドルと『THE IDOLM@STER Dearly Stars』の876プロ所属アイドルも登場する[注 3]

キャラクターデザインは『THE IDOLM@STER』関連のCDジャケットイラストなどを担当したイラストレーター杏仁豆腐が起用され、一部のカードイラストも担当している[6]。また、本作のCDジャケットイラストなどはイラストレーターのくろごまが担当している[7]

サービス開始当初はフィーチャーフォンにしか対応していなかったが、2011年12月16日よりスマートフォンにも対応した。また、2014年11月17日にはAndroid向けアプリが[8]11月25日にはiOS向けアプリがリリースされた[9]。また、2015年10月28日にはGoogle Chrome版が[10]2017年11月9日にはAndApp版が配信され[11]、PCでもプレイが可能となった。2018年7月31日にフィーチャーフォン版のサービスを終了した[12]

2014年12月2日、韓国の「Daum Mobage」において韓国版(Androidアプリ)のサービスを開始した[13]。韓国版オリジナルのアイドルも登場する[14]。この韓国版は、2016年3月14日にMobageが韓国から撤退したため、サービスを終了した。

『アイドルマスター』シリーズには元々熱心なユーザーが多く、これまでのシリーズ作品でも販売数に対しコンテンツダウンロードで大きな売り上げを記録しており、本作においてもアイテム課金が多額となるユーザーの存在が指摘されている[15]

テレビアニメ版は、2015年1月から4月まで前半(1stシーズン)を放送し、同年7月から10月まで後半(2ndシーズン)を放送した。また、本作を題材にしたスマートフォン向け音楽ゲームアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』が同年9月3日からAndroid向けアプリ、同年9月10日からiOS向けアプリとして配信されている[16]。同じく本作を題材としたPlayStation VR専用VRアイドルライブゲーム、『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』が2016年10月13日に発売された[2]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/21 09:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant