アイドルマスター シャイニーカラーズ
▼人気記事ランキング
2.開発
アイドルマスターシリーズの総合プロデューサーである坂上陽三は、魅力的なイラストカードをSPINEを用いた2Dアニメーションとして表現したいと考えており、本作の開発に踏み切った[10]。また、坂上の「ダウンロードせずにすぐに始められるゲームはないか」という考えなどがきっかけで、本作はHTML5を用いたブラウザゲームとして開発された[10]

坂上は若いスタッフに『アイマス』を作ってほしいと考えており、スタッフたちの強い熱意を理解してたため、坂上のほうから提案するのではなく、彼らの意見を聞いてから開発を許可した[10]。開発スタッフたちがHTMLの操作性を最大限に生かす方法について試行錯誤した結果、本作のシステムは初代『THE IDOLM@STER』に近いものとなった[10]

本作のキャラクターデザインは柔らかなものとなっており、本作のプロデューサーの一人である高山祐介は「アイドルが目の前にいるような感覚を味わえるのはこの絵柄のおかげだと思う」とiNSIDEでのインタビューの中で述べている[10]。また、ほかのアイドルとの関係性を可視化するため、本作のアイドルカードは横長のものが使われた[10]

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.ゲームシステム)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/10 23:03
ソ人気記事ランキング
2019/08/21 更新
 1位日本
 2位千と千尋の神隠し
 3位玄倉川水難事故
 4位8月20日
 5位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant