サービス終了のお知らせ
アイオワ州
▼人気記事ランキング
3.人口動勢
3.2.田園部から都市部への人口移動
2000年時点でアイオワ州住民の61%は都市部に住んでおり、田園部から都市部に移る傾向は20世紀初期に始まっていた[28]。2000年から2008年の間に都市部人口は8.5%増えたのに対し、田園部人口は4.2%減少した[62]。この人口移動によって、ダラス郡ジョンソン郡リン郡ポーク郡スコット郡等の都市化郡で人口増加が進み、逆に田園部郡は減少した[63]

アイオワ州は中西部各州(特にカンザス州、ネブラスカ州、ノースダコタ州サウスダコタ州)と共に田園部の過疎化を痛感しているが、州人口は1990年頃から増加している。デニソンやストームレイクのような小さな町では、人口流出を移民労働者で補っている[64]

もう1つの問題は頭脳流出である。教育を受けた若者はさらに高い教育や就職の機会を求めて他州に出て行く傾向にある。1990年代、単身の教育を受けた若者が他州に出て行く率を見ると、ノースダコタ州に次いで第2位だった[65]。このことは経済的な手詰まりや、残った市民に対するサービスの低下に繋がっている。

[4]前ページ
(3.1.人種及び祖先)
[6]次ページ
(3.3.言語)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/14 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant