サービス終了のお知らせ
アイリーン・ジョイス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
アイリーン・ジョイス英語: Eileen Alannah Joyce CMG1908年1月1日 - 1991年3月25日)はオーストラリア出身のピアニストである。主にイギリスを中心に活躍し、その類稀な美貌のためもあって[1]イギリスやヨーロッパ、オーストラリアで卓越した人気を獲得した。その人気は第二次世界大戦前後に頂点を極め、最盛期にはポピュラー音楽におけるグレイシー・フィールズやヴェラ・リンの人気にも比較されたほどだった[2]。映画『逢びき』のサウンドトラックにおいてラフマニノフピアノ協奏曲第2番を演奏したことでも知られる。
目次
1.生涯
├1.1.生い立ち
├1.2.音楽修行
├1.3.ピアニストとして
├1.4.チェンバロ奏者として
├1.5.引退表明とその後
└1.6.最期
2.音楽
├2.1.レパートリー
├2.2.共演した指揮者
├2.3.録音
└2.4.映画音楽での業績
3.評価
├3.1.音楽家や評論家による評価
└3.2.顕彰
4.人物
├4.1.類稀な美貌
├4.2.私生活
└4.3.伝記
5.脚注
6.参考文献

1. 『ピアノとピアニスト2003』音楽之友社、2003年
2. Fred Blanks, review of Eileen Joyce: A Portrait (Richard Davis), Sydney Morning Herald, 13-15 April 2001

出典:Wikipedia
2018/05/01 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant