アンディ・ペティット
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.5.最初の引退
2011年2月4日、気力の衰えを理由に現役引退を表明した[18][19]

[4]前ページ
(1.4.ヤンキース復帰)
[6]次ページ
(1.6.現役復帰と2度目の引退)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/19 16:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant