アンティゴノス1世
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
アンティゴノス1世古代ギリシア語: Αντ?γονο? Α'、Antigonus I、紀元前382年 - 紀元前301年)は、古代マケドニアアレクサンドロス3世(大王)に仕えた将軍。その死後は後継者(ディアドコイ)の一人となり、アンティゴノス朝を開き初代の王となった(在位:紀元前306年 - 同301年)。また隻眼であった(戦傷によるものといわれている)ため、モノフタルモスΜον?φθαλμο?、Monophthalmos、隻眼の意)とあだ名された。コインの肖像が右向きのことなどから、左目を失っていたと推測されている。
目次
1.アレクサンドロス生前のアンティゴノス
2.大王の死直後
3.勢力の拡大
4.ディアドコイ戦争の最有力者
5.
6.参考文献および参考URL
出典:Wikipedia
2018/11/07 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/13 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位無名塾出身の俳優一覧
 4位松本ちえこ
 5位12月12日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant