サービス終了のお知らせ
アレッサンドロ・ピッティン
▼人気記事ランキング
概要
アレッサンドロ・ピッティン(Alessandro Pittin、1990年2月11日 - )はイタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ウーディネ県トルメッツォ出身のノルディック複合選手。

プロフィール[編集]

2005年からノルディックスキージュニア世界選手権に出場、同大会4度目の2008年(ポーランドザコパネ)でグンダーセン金メダル、スプリント銅メダルを獲得、翌2009年(スロバキア、ストルブスケ・プレソ)では5km、10kmの2冠に輝いた。

ノルディック複合・ワールドカップには2007年12月15日にデビュー、33位だった。2007-2008シーズンはランク外、2008-2009シーズンは総合35位、2009年ノルディックスキー世界選手権ではラージヒル10kmで6位に入賞。

2009-2010シーズンは自己最高位となる3位を3度記録し、バンクーバーオリンピックではノーマルヒル10kmで銅メダルを獲得、オリンピックのノルディック複合競技でイタリア初のメダリストとなった。このシーズンのワールドカップ総合は13位だった。

外部リンク[編集]

アレッサンドロ・ピッティン - 国際スキー連盟のプロフィール (英語)
アレッサンドロ・ピッティン - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(Sports Reference)(英語)
公式ウェブサイト
出典:Wikipedia
2018/08/19 20:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant