アレシボ天文台
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
アレシボ天文台(アレシボてんもんだい Arecibo Observatory)はプエルトリコのアレシボにある電波天文台米国科学財団(NSF)との協力協定のもと、国立天文学電離層センターの一部として、SRIインターナショナル、宇宙研究大学連合、プエルトリコ・メトロポリタン大学により運営されている。1963年に建設され、単体では世界最大の電波望遠鏡として知られていたが、2016年に中国の500メートル球面電波望遠鏡(FAST)が完成したことにより、世界最大の地位からは降りることとなった[1]
目次
1.概要
2.運営面での変化など
3.アレシボ天文台でなされた発見
4.脚注
5.関連項目
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/07/23 20:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/07 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位HR 8799 d
 5位ガイナックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant