サービス終了のお知らせ
アレクセイ・トルップ
▼人気記事ランキング
概要
アロイス(アレクセイ)・エゴロヴィチ・トルップロシア語: Алоизий (Алексей) Егорович Трупп, ラテン文字転写: Aloise (Alexei) Yegorovich Trupp1856年4月8日 - 1918年7月17日)は、ロマノフ朝最後の皇帝ニコライ2世一家のフットマンだった。

元皇帝一家とともにエカテリンブルクイパチェフ館に監禁され、1918年7月17日に彼らとともに殺害された。1981年在外ロシア正教会によってソビエト政権による圧政の犠牲者として列聖された(新致命者)。

人生[編集]

ロシア帝国ヴィテプスク県の現在はラトビアに含まれる地域に生まれた。

ニコライ2世一家のフットマンだったトルップは1918年5月に両親達と合流するためにトボリスクからチュメニまで船で向かい、さらに列車でエカテリンブルクへと向かうニコライ2世の子供達に同行した。エカテリンブルクのイパチェフ館に滞在する従者の数は次第に減っていった。2人が投獄され、6月には侍医のエフゲニー・ボトキンメイドアンナ・デミドヴァ料理人イヴァン・ハリトーノフ、皿洗いの少年レオニード・セドネフしかいなくなった[1]7月17日ヤコフ・ユロフスキー率いる銃殺隊によってニコライ2世と夫人のアレクサンドラ、夫婦の5人の子供(オリガタチアナマリアアナスタシアアレクセイ)、他の3人の従者とともに殺害された。トルップは銃殺隊による最初の一斉射撃で発射された弾丸が当たり、死亡した[2]。62歳没。

死後の再評価[編集]

7月17日の他の殺人被害者と同じく1981年在外ロシア正教会によって列聖された。しかし、彼自身はローマ・カトリック教徒であり、ロシア正教徒では無かった[3]

2009年10月16日にロシア連邦検察庁はトルップら従者を含めたボリシェヴィキによる赤色テロの犠牲者52名の名誉の回復を発表した[4]

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2018/10/16 04:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant