アレクサンデル6世 (ローマ教皇)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
アレクサンデル6世(Alexander VI, 1431年1月1日 - 1503年8月18日)は、15世紀ローマ教皇(在位:1492年 - 1503年)。
本名はロデリク・ランソルRoderic Lanzol)であるが、母方の伯父であるカリストゥス3世の教皇就任に伴って、母方の苗字であるボルハ(ボルジャ、Borja)に変えたため、ロデリク・ボルハのイタリア語読みであるロドリーゴ・ボルジアRodrigo Borgia[1]の名前で知られることになる。
ルネサンス期の世俗化した教皇の代表的存在であり、好色さ、強欲さやジロラモ・サヴォナローラとの対立によっても非難されることが多い。また、息子のチェーザレ・ボルジアを右腕とし、一族の繁栄とローマ教皇庁の軍事的自立に精力を注いだことで、イタリアを戦火に投じることになった。
目次
1.生涯
├1.1.教皇就任まで
├1.2.教皇とネポティズム
├1.3.フランス軍の侵攻
├1.4.フランス軍のイタリア撤退
├1.5.サヴォナローラとの対立
├1.6.チェーザレの活躍
├1.7.晩年
├1.8.最期
└1.9.死後
2.評価
3.子女
4.脚注
├4.1.注釈
└4.2.出典
5.参考文献
6.関連書籍
7.関連メディア
8.関連項目
出典:Wikipedia
2019/12/02 10:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant