サービス終了のお知らせ
アレクサンダー・ハミルトン
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
アレクサンダー・ハミルトンAlexander Hamilton, 1755年1月11日 - 1804年7月12日)は、アメリカ合衆国建国の父の1人。日本語ではアレキサンダー・ハミルトンアレグザンダー・ハミルトンとも表記される。政治家、憲法思想家、哲学者であり、アメリカ合衆国初期外交のリーダーであった。アメリカ独立戦争の際には総司令官ジョージ・ワシントンの副官(砲兵将校、陸軍中佐)を務めた。
1787年フィラデルフィア憲法制定会議の発案者で、アメリカ合衆国憲法の実際の起草者。アメリカ合衆国憲法コメンタリーの古典『ザ・フェデラリスト』の主執筆者。古き英国の法思想「法の支配」に基づくコモン・ロー化した憲法を生み出した、立憲主義の著名な思想家である。司法による違憲立法審査権の制度の理論は、ハミルトンによる。英国のアクトン卿は、ハミルトンを「バークを超える世界随一の天才」と評価をしている。アメリカ合衆国の初代財務長官(在任:1789年9月11日 - 1795年1月31日)。陸軍少将。連邦党の党首。1801年、米国最古の日刊紙ニューヨーク・ポスト紙やバンク・オブ・ニューヨークを創業した。1804年、対立するアーロン・バーとの決闘で死去、49歳だった。
目次
1.生涯
├1.1.生い立ちと初期の経歴
└1.2.マリア・レイノルズ事件とアーロン・バーとの対立
2.ハミルトン哲学
├2.1.人間観
├2.2.連邦主義
├2.3.法思想
├2.4.政府の四つの柱
├2.5.外交哲学
└2.6.政治倫理
3.ハミルトン外交
4.ハミルトンの経済政策
5.著作
6.参考図書
7.ハミルトンを扱った作品
├7.1.伝記
└7.2.舞台
8.脚注
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/22 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant