アレマン語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
アレマン語(標準ドイツ語: Alemannisch(Alemannische Dialekte)、アレマン語: Alemannisch)は、ドイツ語の一方言、ドイツ南西部の地方言語のひとつ。
高地ドイツ語のうち上部ドイツ語バイエルン語オーストリアドイツ語も含む)に属し、シュヴァーベン語(Schw?bisch)[1]、低地アレマン語(Niederalemannisch)、高地アレマン語(Hochalemannisch)、最高地アレマン語(H?chstalemannisch)に区分される[2][3]
目次
1.概要
2.その他
3.分類
4.脚註
5.関連項目
6.外部リンク

1. 英語:スウェイビア語(Swabian)、フランス語:スワーブ語(Souabe)など。
2. 亀井孝河野六郎千野栄一編著、『言語学大辞典セレクション・ヨーロッパの言語』三省堂、1998年、278頁。
3. 柴崎隆『(南部)アルザス・ドイツ語の文法記述へのアプローチ - ミュルーズ・アルザス語方言に基づいて (Ein Versuch der Grammatik des [S?d-] Els?ssischen. - auf Grund des ?Milh?ser Ditsch)』(金城学院大学論集・人文科学編、2012年)14頁によると、1950年ごろのアレマン諸語は、シュヴァーベン語と低地アレマン語は「北方アレマン諸語」に属し、高地アレマン語と最高地アレマン語は「南方アレマン諸語」に属していたと述べている。

出典:Wikipedia
2017/06/15 02:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant