サービス終了のお知らせ
アルブレヒト・デューラー
▼人気記事ランキング
1.出生
1.5.二度目のイタリア旅行(1505-1507)
彼は絵を描くためにイタリアに戻り、最初にリンネルテンペラ技法によって描く一連の作品を製作した。作品には自画像や祭壇画が含まれていた。パウムガルトナーの祭壇画や『マギの礼拝(東方三博士の礼拝)』などがあった。1506年初期、彼はヴェネツィアに戻り、1507年春までそこに滞在した。この時すでにデューラーのエングレービングは人気を得ていて、コピーが作成されていた。滞在中に、ジョヴァンニ・ベリーニと親交を結んでいた。

ヴェネツィアで彼はドイツ移民の共同体から、サン・バルトロメオイタリア語版教会の祭壇画の業務委託を受けた。この時の作品は"Adoration of the Virgin"あるいは『ローゼンクランツフェスト(薔薇の冠の聖母)』として知られている。委託にはヴェネツィアのドイツ移民共同体メンバーの肖像画が含まれていたが、その作風はイタリアの影響を受けていた。その後、作品はルドルフ2世の手に渡り、プラハに移された。デューラーがヴェネツィアで製作した他の絵画には、『ヒワの聖母子』や"Christ disputing with the Doctors"などがある。

[4]前ページ
(1.4.ニュルンベルクへの帰郷(1495-1505))
[6]次ページ
(1.6.ニュルンベルクと傑作(1507-1520)とその後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/31 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant