サービス終了のお知らせ
アルブレヒト・デューラー
▼人気記事ランキング
1.出生
1.3.初めてのイタリア旅行(1494-1495)
ニュルンベルクに戻ってからわずか3ヶ月以内に、デューラーは単身でイタリアに旅立った。このときにニュルンベルクでのペストの流行が影響したと伝わる。彼はアルプスを越える際に、水彩による風景画を描いており、これらは西洋で最初の純粋な風景画とされている。これらの中には、例えば銅版画『ネメージス』のように、後の彼の作品における実存する場所での正確な風景によって推定されるものもある。

彼はさらに進んだ芸術世界の勉強をするためにイタリアのヴェネツィアに赴いた。ヴォルゲムートの保護もあり、彼はドライポイントによる印刷の方法や、マルティン・ショーンガウアーの作品やマスター・オブ・ザ・ハウスブック英語版がその基本となっているドイツ様式の木版の設計方法を学んだ。彼はドイツにおいてもイタリアの作品に接していたが、イタリアでの2つの訪問が彼に多大な影響を与えることとなった。彼はジョヴァンニ・ベリーニは最も歳をとっているが、未だにヴェネツィアで最もすばらしい芸術家であると記述している。デューラーの描画や彫刻は他の芸術家の影響も受けている。作品に描かれている体の比率に興味があったアントニオ・デル・ポッライオーロアンドレア・マンテーニャロレンツォ・ディ・クレディなどである。彼はパドヴァマントヴァも旅行中に訪れている。

[4]前ページ
(1.2.遍歴時代と結婚(1490-1494))
[6]次ページ
(1.4.ニュルンベルクへの帰郷(1495-1505))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/31 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant