サービス終了のお知らせ
アルブレヒト・デューラー
▼人気記事ランキング
1.出生
1.1.若年時代(1471 - 1490)
デューラーは1471年5月21日に、第三子(次男)としてニュルンベルクに生まれた。14人から18人兄弟であった。父のアルブレヒト・デューラーは金細工職人として成功を修めていた。彼はジュラハンガリー語版の隣村アイトーシュ Ajt?s(現在のアイトーシュファルヴァハンガリー語版(Ajt?sfalva)、「村」の意味)の出身で、アイトーシ(Ajt?si)と名乗っていた。ハンガリーではアイトーシ・デュレル(Ajt?si D?rer)とも呼ばれる。彼は1455年にニュルンベルクに移って来た。ドイツ語名の"D?rer"は、ハンガリー語の"Ajt?si"に由来して、大元はドア職人の"Th?rer"(ハンガリー語で"ajt?"はドアの意味)である。このため、家紋には扉が描かれている。アルブレヒトは自分が親方となった1467年に、彼の親方であるイエロニムス・ホルパーの娘バルバラと結婚した。

デューラーの後見人はアントン・コーベルガーで、デューラーの生まれた年に印刷家、出版家になるために金細工職人を辞めた。ほどなく彼はドイツで最も成功した出版家となり、最終的に24の出版物と、ドイツ国内に数多くの事務所を所有した。彼の最も有名な出版物は、1493年にドイツ語とラテン語版が出版された『ニュルンベルク年代記』である。そこにはミヒャエル・ヴォルゲムートドイツ語版による、前例のない1809の木版のイラストが含まれていた。この計画が始まった時、デューラーはヴォルゲムートと共に、これらを手伝った。

幸運にもデューラーは自画像を多く残していて、20代中頃には大変有名になっていた。このため彼の生涯は、多くの情報源により文書化されている。2、3年学校に通った後、デューラーは父親から金細工と描写の基礎を学び始めた。父親は彼に金細工のトレーニングを続けさせたかったが、彼はヴォルゲムートの見習い時、1484年に15歳で始めた描画において、早熟な才能の片鱗をみせていた。銀筆素描で描かれた自画像は、彼が後に「子供時代」と記した1484年の作である。ヴォルゲムートは当時ニュルンベルクにおいて、様々な芸術作品を製作する巨大な作用場を有し、最先端を行く芸術家であった。ニュルンベルクは出版や高級品の貿易拠点として、重要な繁栄した都市であった。街はアルプスを縦断して比較的距離の近いイタリア、特にヴェネツィアと大きなパイプがあった。

[6]次ページ
(1.2.遍歴時代と結婚(1490-1494))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/31 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant