サービス終了のお知らせ
アルバート・ブルックス
▼人気記事ランキング
1.来歴
1947年にコメディアンのハリー・アインスタインと歌手のテルマ・リーズとの間にカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。オーストリアロシアの家系である。兄弟も俳優をしている芸能一家でもある。そのため、幼い頃より芸能界とは深い関係があった。高校時代は、ビバリーヒルズにあるビバリーヒルズ高校へ在籍。当時の同級として、ロブ・ライナーリチャード・ドレイファスがいた。

高校卒業後は名門のカーネギーメロン大学へ進学するも、1年で中退してコメディアンを目指す。その頃に本名である“アインシュタイン”という苗字を変え(物理学者のアインシュタインと同姓同名だったため)、60年代後半からトークショーやバラエティ番組などに出演して実力をつけていった。新鮮な芸風が人気を得て、人気司会者のジョニー・カーソンの番組などへも出演して徐々にその知名度も上がり、新世代のコメディアンとして一躍有名になる。1973年には自身のコメディ・アルバムも発売して好評を得た。1975年からは人気番組サタデー・ナイト・ライブへも参加して脚本と演出を担当。ほどなくして、マーティン・スコセッシ監督の出世作『タクシードライバー』で映画デビュー。その後も演出や脚本、俳優としてキャリアを重ねていく。80年代には自身も監督に携わるようになり、90年代もコンスタントに監督作、出演作を増やした。人気アニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』では、数多くゲスト出演を果たしている。また、2003年に出演したピクサー製作の大ヒットアニメ『ファインディング・ニモ』でのニモの父親役の声の出演としても知られている。

2011年に出演したライアン・ゴズリングキャリー・マリガン出演の『ドライヴ』では悪役を演じる。その演技力から各方面でブルックスのアカデミー賞ノミネートが期待されたが、ノミネートは逃している。そのことに対し、俳優のラッセル・クロウはゴズリングとブルックスがノミネートされなかったことに対して不満を漏らしている[2]。アカデミー賞にはノミネートされなかったが、全米映画批評家協会賞ニューヨーク映画批評家協会賞などで助演男優賞を受賞したのをはじめ、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされるなど、様々な映画賞で高い評価を得ている。

[6]次ページ
(3.逸話)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/28 13:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant