サービス終了のお知らせ
アリエノール・ダキテーヌ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
アリエノール・ダキテーヌ(Ali?nor d'Aquitaine,オック語: Alien?r d'Aquit?nia, 1122年 - 1204年4月1日)は、アキテーヌ公ギヨーム10世の娘でアキテーヌ女公。はじめフランス王ルイ7世の王妃、後にイングランド王ヘンリー2世の王妃[1]
ベルナール・ド・ヴァンタドゥール吟遊詩人を庇護して多くの文芸作品を誕生させ、洗練された宮廷文化をフランスイングランドに広めた存在として知られる。子孫が、各地の君主及び妃となったことから「ヨーロッパの祖母」と呼ばれる。中世盛期の西欧において、最も裕福で地位の高い女性の一人であった。
目次
1.名前について
2.生涯
├2.1.生い立ち
├2.2.アキテーヌ公家の相続人として
├2.3.フランス王妃
└2.4.イングランド王妃
3.子女
4.登場作品
5.脚注
├5.1.注釈
└5.2.出典
6.参考文献
7.関連項目
出典:Wikipedia
2019/12/05 02:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant