サービス終了のお知らせ
アラビア語
▼人気記事ランキング
5.他言語への影響
5.1.アラビア語を起源とする語彙
トタン、じょうろ、コーヒーラケットシロップアルコールアルカリソーダシャーベットチェスチェック(小切手)、ソファーモンスーン、アベレージ(平均値)、ジャケットゼロ(零)、タリフ(関税率) 、リスクアルゴリズムアドベタマリンドコットンサフランアドミラルセンナシュガー(砂糖)、キャメル(ラクダ)、カラットガーゼカンフル(樟脳)、ギプスなど。
科学用語にはアラビア語起源の用語が多く、とりわけ化学に多い。これは中世から近世にかけてのアラビア語圏が科学分野において発展しており、当時の欧州が積極的にその知識と語彙を取り入れたためである。
星の名前
アルタイル(「飛ぶ鷲」という熟語の「飛ぶ」という部分。単独では「鳥」という意味)
アルデバラン(従うもの、後に続くもの。プレアデス星団に続いて地平線より昇ることから)
アルゴル(「グールの頭」という熟語の「グールの」という部分)
アルビレオ(「雌鳥のくちばし」の意味の語が西洋人の誤訳と誤解を経て)
ヴェガ(「降り立つ鷲」という熟語の「降り立つ」という部分)
デネブ(「鶏の尾」という熟語の「尾」という部分)
フォーマルハウト(大魚の口)
ベテルギウス(巨人の腋の下)
リゲル(脚)
その他
ゼロ
アシッド
グール
「アル」で始まる言葉が多いのは、al-定冠詞だからである。アラビア語の冠詞も参照。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/20 02:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant