サービス終了のお知らせ
アラビア語
▼人気記事ランキング
4.言語分布
4.4.その他諸国におけるアラビア語
イスラム教においてアラビア語は典礼用言語となっており、アラビア語のもの以外はクルアーンとして扱われないため、礼拝においては必ずアラビア語によってクルアーンを唱えることとなる。ただしクルアーンが翻訳されたものが注釈書として多くの言語圏において出版されているため、イスラム教徒にとってアラビア語は礼拝において必要であっても、内容の理解までは必ずしも必要ではない。このためアラビア語ができないイスラム教徒も非常に多く存在する。ただしクルアーンの内容を詳しく知るためにはアラビア語の知識は不可欠であり、このためイスラム教諸国においては熱心な信徒を中心に薄く広くアラビア語話者が存在する。

このほか、少数民族としてアラブ人が居住している地域においてもアラビア語は使用されている。イランの南西部にあるフーゼスターン州にはアラブ人が多く住み、アラビア語が多く話されている[13]

[4]前ページ
(4.3.イスラエルにおけるアラビア語の状況)
[6]次ページ
(4.5.アラビア語を公用語とする国際機関)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/12 11:03
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant