アヤラ・コーポレーション
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.4.ジョセフ・マクミーキン時代
第二次世界大戦後の1948年にはマニラ首都圏の金融街としてのマカティの開発を開始した[7]。1950年代初頭までのマカティは雑草が生い茂る荒地だったが、エンリケ・ソベルの長女メルセデス・ソベルと結婚した第7代アヤラ家当主ジョセフ・マクミーキン(1908-1990)は、モダンな商業地や住宅地に作り替えた[7][9]。ジョセフ・マクミーキンはマカティを用途別の小地区に分割し、まず1949年から超高級住宅地区を、次いで1952年から1962年までその周辺の住宅街を、さらにアヤラ大通りやオフィスビルを、1960年からショッピングモールを建設した[9]。マカティは今日のフィリピンにおける商業の中心地となり、マカティ中心業務地区にあるアヤラ・センターには、先進国のような高層ビル、デパート、ホテルなどが立ち並んでいる[9]。マカティで成功をおさめると、1978年からはマカティの南15kmにあるモンテンルパのアラバン地区開発事業にも進出した[9]。1988年にはセブ島で大型都市開発を、その後日本の三菱商事と提携してマニラ郊外で工業団地の造成を行った[10]。アヤラ財閥の主軸はこのような不動産開発である[10]
[4]前ページ
(1.3.ハコボ・ソベル、エンリケ・ソベル時代)
[6]次ページ
(1.5.エンリケ・J・ソベル時代)

7. 榊原芳雄 1994, p. 49.
9. 井上隆一郎 1994, p. 305.
10. 榊原芳雄 1994, p. 50.

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/25 00:33
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant