アヤラ・コーポレーション
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.3.ハコボ・ソベル、エンリケ・ソベル時代
アントニオ・デ・アヤラには息子が生まれず、3人の娘の結婚相手がアヤラ家の事業を受け継いだ[5]。長女トリニダと結婚したハコボ・ソベル(1842-1896)の家系が今日のアヤラ財閥につながっており、次女カルメンと結婚したペドロ・ロハスの家系はソリアーノ財閥につながっている[5]。トリニダとハコボ・ソベルの次男であるエンリケ・ソベル(1877-1943)はフランスの名門グランゼコールであるエコール・デ・ミーヌ・ド・パリで学び、エンリケ・ソベルの時代には、生命保険、火災保険、投資保証などの事業を行う企業設立した[5]。主力事業を金融と保険に転換し、バンク・オブ・フィリピン・アイランズ(BPI)の株式の約40%を取得している[5]

[4]前ページ
(1.2.アントニオ・デ・アヤラ時代)
[6]次ページ
(1.4.ジョセフ・マクミーキン時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/20 01:32
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant