アメリカ同時多発テロ事件
浮気|がん保険|縁結び
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
4.報道
4.4.情報の錯綜
「同時多発テロ」と呼ばれるように複数のテロが短時間に連続して発生した[16]。当時の社会において、従来型の「テロ」や「犯罪」の概念を超越した規模だったため、時事刻々と変化する状況に対して報道機関の対応が追いつかず、情報が錯綜した状況が続いた。
事件当日から事件翌日の日本の各新聞・テレビ報道において確認された誤報の一部として、下表のようなものがあげられる。新聞における誤報については訂正が締切時間に間に合わず、結果的に翌12日の朝刊のいくつかの掲載が誤報になった例も含まれている。
これらの状況はアメリカ合衆国においても同様で、事件発生当初は激突した航空機も大型ジェット旅客機ではなく小型民間機(単発もしくは双発小型プロペラ機など)と報道されていた。
ワンピース|にきび跡|夢占い
愛内里菜|さそり座|心理テスト
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(4.3.日本)
[6]次ページ
(4.5.映像・写真など)

16. 国際政治学・安全保障政策の研究者である宮坂直史は著書(『日本はテロを防げるか』ちくま新書)の中で、テロは複数箇所で同時に行われることが多いことから「アメリカ同時多発テロ」を固有名詞として用いることには違和感を覚える、と指摘している。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/18 01:30
性格診断|ふたご座|婚活
てんびん座|姓名判断|モテ期
ソ人気記事ランキング
2017/11/17 更新
 1位新潟県神林村男子中学生自殺事件
 2位松平信康
 3位ゴジラ (架空の怪獣)
 4位11月16日
 5位シン・ゴジラ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant