アメリカ国立がん研究所
▼人気記事ランキング
概要
国立がん研究所(こくりつがんけんきゅうじょ、: National Cancer Institute; 略称: NCI)とは、アメリカ合衆国国立衛生研究所 (NIH) の一部であり、保健福祉省公衆衛生局を構成する8つの機関のうちの1つ。メリーランド州ベセスダに本部が、同州フレデリックフォート・デトリックにNCI-Frederickが置かれている。NCIは組織内部に大きな研究プログラムを持つだけでなく、米国内のがん研究者に対する助成も積極的に行っている。また、米国の対がん戦略である国家がんプログラム (National Cancer Program) を調整する役割がある。

抗癌剤開発との関わり[編集]

NCIは、米国における抗がん剤開発の多くに関与している。FDAによって承認された医薬品について1996年にNCIが調査した結果、1995年末までに承認された抗癌剤の3分の2がNCI主導で臨床試験開始届が出されたものであった。

以下にNCIが開発に関与した抗癌剤を挙げる。(※ カッコ内はFDAで承認された年、英字は日本で未承認の薬剤。)

アルキル化剤

Chlorambucil (1957)
シクロホスファミド (1959)
チオテパ (1959)
メルファラン (1959)(1993)
Streptozotocin (1982)
イホスファミド (1988)
代謝拮抗剤

メルカプトプリン (1953)
メトトレキサート (1953)
Thioguanine (1966)
シタラビン (1969)
Floxuridine (1970)
リン酸フルダラビン (1991)
ペントスタチン (1991)
Chlorodeoxyadenosine (1992)
植物性アルカロイド抗生物質

ビンクリスチン (1963)
アクチノマイシンD (1964)
Mithramycin (1970)
ブレオマイシン (1973)
ドキソルビシン (1974)
マイトマイシンC (1974)
L-アスパラギナーゼ (1978)
ダウノマイシン (1979)
エトポシド (1983)
Teniposide (1992)
パクリタキセル (1992)
合成薬

ヒドロキシカルバミド (1967)
プロカルバジン (1969)
ミトタン (1970)
ダカルバシン (1975)
Lomustine (1976)
Carmustine (1977)
シスプラチン (1978)
ミトキサントロン (1988)
カルボプラチン (1989)
Levamisole (1990)
Hexamethylmelamine (1990)
トレチノイン (1995)
Porfimer sodium (1995)
ステロイドなど

DES (1950)
プレドニゾン (1953)
Fluoxymesterone (1958)
Dromostanolone (1961)
Testolactone (1970)
メチルプレドニゾロン
プレドニゾロン
ゴセレリン (1989)
生物製剤

インターフェロンα (1986)
BCG (1990)
G-CSF製剤 (1991)
GM-CSF製剤 (1991)
Interleukin 2 (1992)
また、NCIは、ジドブジン、ジダノシン、zalcitabine(ddC)などのHIV治療薬の開発にも関与している。

関連項目[編集]

ヴィンセント・デヴィータ 1980年-1988年 Director
ハロルド・ヴァーマス 2010年- Director

外部リンク[編集]

National Cancer Institute(英語)
National Institutes of Health(英語)
出典:Wikipedia
2018/12/24 13:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant