アメリカ合衆国ドル
▼人気記事ランキング
8.アメリカ合衆国以外の流通地域
8.1.地域としての流通
自国通貨を放棄して代わりにUSドルを使用すること、すなわちUSドルによる通貨代替を「ドル化政策」(ドラリゼーション、: dollarization[11])と呼ぶ。ドル化を行う理由には様々なものがあり、アメリカの影響力が強く建国当初から独自通貨を持たないパナマのような国もある。また、インフレーションなどの自国における経済混乱に終止符を打つ最終手段としてそれまで発行されていた自国通貨の発行を停止し、世界で最も多く流通している通貨であるアメリカ・ドルを導入することで強引にインフレを終息させることもあり、特に2000年代以降、エクアドルエルサルバドルがこの政策を取って自国通貨を廃止した。こうしたドル化には経済混乱の収束のほか、特に小国において過大な負担となりがちな通貨発行に対するコストを削減することができるメリットがあるものの、通貨発行益を失ううえ理論上中央銀行が不要となり、独自の金融政策が不可能となるデメリットがある。

USドルを公に通貨として利用するアメリカ合衆国(本土)以外の地域

アメリカ合衆国の支配地域
グアム北マリアナ諸島プエルトリコなどの州やDCに属さないアメリカの領土
アメリカとの自由連合盟約国:ミクロネシア連邦マーシャル諸島パラオ
上記以外の地域
エクアドル:2000年、スクレからUSドルに切り替えた。
エルサルバドル:2001年1月より、1USドル=8.75サルバドール・コロンに固定され、USドルも合法的に流通している。
パナマ:常に1USドル=1バルボアに固定されている。バルボア紙幣は存在せず、流通している紙幣は米ドルのみである。硬貨はパナマ発行のセンテシモ(=1/100バルボア。センタボ、セントとも呼ばれる)硬貨と米国発行のセント通貨が等価で併用されている。
東ティモール:独自の硬貨である、東ティモール・センターボ硬貨も発行されている。
ヴァージン諸島イギリス領)
タークス・カイコス諸島(イギリス領)
イギリス領インド洋地域(イギリス領):UKポンドとあわせてUSドルも合法的に流通している。
BES諸島オランダ領)
ジンバブエハイパーインフレーションに伴い、2009年以降自国通貨ジンバブエ・ドルの発行を停止、USドルや南アフリカ・ランドなど複数の通貨を公的に使用している。
カンボジア:独自の通貨(リエル)があるが都市部では米ドルが優位に流通している[12]
香港ドルなどドルペッグ制を採用している国の通貨は、実質的に米ドルと固定相場が保たれているため、米ドル圏ともいえる。
北朝鮮開城工業地区金剛山では、その特殊性から、北朝鮮ウォン韓国ウォンとも使えず、米ドルもしくはユーロ紙幣が流通している。
アメリカ占領下の沖縄では、当初B円という軍票が通貨として使用されていたが、1958年9月から1972年沖縄返還までは米ドルが公式通貨であった。
[4]前ページ
(8.アメリカ合衆国以外の流通地域)
[6]次ページ
(8.2.より小規模な流通)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/25 02:00
ソ人気記事ランキング
2019/07/20 更新
 1位日本
 2位京都アニメーション放火事件
 3位京都アニメーション
 4位しみけん (AV男優)
 5位伊藤春香 (編集者)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant