サービス終了のお知らせ
アメリカ英語
▼人気記事ランキング
4.主な方言
ウィリアム・ラボフらの研究に基づく北米英語の大まかな地域区分[5]

Western American English - 様々な方言が含まれているが、代表的な特徴は「cot」などの[??]と「caught」などの[??]が統一され、話し手はその聞き分けもできなくなっていることである。カリフォルニア州ではイントネーションは肯定文の終わりでも上がり、またカリフォルニア州南部ではスペイン語の影響を受けている部分も見られる。
Upper Midwest American English - ミネソタ訛り。
Inland Northern American English - シカゴなど五大湖沿岸部(アメリカ合衆国側)の訛り。北部都市母音推移(Northern Cities Vowel Shift)が特徴的。
Midland American English
Southern American English/南部アメリカ英語 - 母音を引き伸ばして発音すること(drawl)や、二人称複数でyou all(y'all)を用いることで知られる。
Texan English(地図中6a)
Inland South(地図中6b)
Pittsburgh English
Mid-Atlantic American English
New York City English - ブルックリン訛り。
New England English (Southwestern New England)
New England English (Southeastern New England)
New England English (Northwestern New England)
New England English (Northeastern New England) - ボストン訛り。
Canadian Maritime English
このほか、ハワイ州で使われている英語(ハワイ・クレオール英語)は、アメリカ本土から離れた地理的環境と、アジア・太平洋諸島地域をはじめとする移民の影響から、独特の単語や言い回しが非常に多い(ピジン語も参照)。

[4]前ページ
(3.日本)
[6]次ページ
(5.出典)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/05 17:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant