サービス終了のお知らせ
アメリカン・フィルム・インスティチュート
▼人気記事ランキング
概要
アメリカン・フィルム・インスティチュート[1] (American Film Institute, AFI)は、アメリカ合衆国において「映画芸術の遺産を保護し前進させること」を目的とする機関。1967年に設立された。

主にアメリカ芸術基金、それに加え映画テレビ産業から資金を得ている。

活動[編集]

AFIは、映画を保存し、映画製作のための訓練と育成を行い、動く映像に関するさまざまな活動を促進し、それに協力しているだけでなく、1973年からは「生涯功労賞(ライフ・アチーブメント賞)」を提供している。

ロサンジェルスにあるAFI先端映画テレビ研究センターは、もともと批評研究と映画創作のための訓練を目指して作られたものだが、現在では、演出やその他の製作技能を学生に教育することに専念している。その恩恵を受けた人の中には、デイヴィット・リンチティム・ハンターテレンス・マリックキャスリン・ビグローといった監督たちがいる。

アメリカ映画100周年を記念して1998年から「AFIアメリカ映画100年シリーズ」の発表を始めた。

毎年、AFI映画祭(AFI Fest)を開催している[2]

出身者[編集]

ダレン・アロノフスキー - 映画監督分野を修了[3]
ティム・ハンター - 映画監督分野を修了[3]
デヴィッド・リンチ - 映画監督分野を修了[3]
テレンス・マリック - 映画監督分野を修了[3]
ジョン・マクティアナン - 映画監督分野を修了[3]
ポール・シュレイダー - 映画監督分野を修了[3]
ロベルト・シュヴェンケ - 映画監督分野を修了[3]
エドワード・ズウィック - 映画監督分野を修了[3]
伊藤信太郎 - 衆議院議員1979年、映画監督分野を修了[4]
リュ・ソンヒ - プロダクションデザイン分野を修了[5]

AFI生涯功労賞の受賞者[編集]

1973年:ジョン・フォード
1974年:ジェームズ・キャグニー
1975年:オーソン・ウェルズ
1976年:ウィリアム・ワイラー
1977年:ベティ・デイヴィス
1978年:ヘンリー・フォンダ
1979年:アルフレッド・ヒッチコック
1980年:ジェームズ・スチュアート
1981年:フレッド・アステア
1982年:フランク・キャプラ
1983年:ジョン・ヒューストン
1984年:リリアン・ギッシュ
1985年:ジーン・ケリー
1986年:ビリー・ワイルダー
1987年:バーバラ・スタンウィック
1988年:ジャック・レモン
1989年:グレゴリー・ペック
1990年:デヴィッド・リーン
1991年:カーク・ダグラス
1992年:シドニー・ポワチエ
1993年:エリザベス・テイラー
1994年:ジャック・ニコルソン
1995年:スティーブン・スピルバーグ
1996年:クリント・イーストウッド
1997年:マーティン・スコセッシ
1998年:ロバート・ワイズ
1999年:ダスティン・ホフマン
2000年:ハリソン・フォード
2001年:バーバラ・ストライサンド
2002年:トム・ハンクス
2003年:ロバート・デ・ニーロ
2004年:メリル・ストリープ
2005年:ジョージ・ルーカス
2006年:ショーン・コネリー
2007年:アル・パチーノ
2008年:ウォーレン・ベイティ
2009年:マイケル・ダグラス
2010年:マイク・ニコルズ
2011年:モーガン・フリーマン
2012年:シャーリー・マクレーン
2013年:メル・ブルックス
2014年:ジェーン・フォンダ
2015年:スティーブ・マーティン
2016年:ジョン・ウィリアムズ
2017年:ダイアン・キートン
2018年:ジョージ・クルーニー
2019年:デンゼル・ワシントン

脚注[編集]

関連項目[編集]

英国映画協会
AFIアメリカ映画100年シリーズ

外部リンク[編集]

AFI - American Film Institute (日本語)
AFI (英語)
AFI's 100 Years...100 Lists (英語)
出典:Wikipedia
2020/02/22 13:04
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant