サービス終了のお知らせ
ヴェルナー・フォン・ブラウン
▼人気記事ランキング
1.出生・少年期
ドイツ帝国東部ポーゼン(現ポーランド)近郊のヴィルジッツで貴族(ユンカー)の家に生まれた。父親はマグヌス・フォン・ブラウン男爵。後のヴァイマル共和政末期にフランツ・フォン・パーペン内閣で食糧農業大臣となった人物である。母親は彼がルター派堅信礼を行った時に望遠鏡を与えた。天文学宇宙分野への関心が、彼を生涯にわたって動機付けた。

1920年、ヴィルジッツがヴェルサイユ条約に基づいてポーランド領になると、彼の一家は他の多数と同様にドイツ領へ移住し、シュレージエン地方で新生活を始めた。ここで、彼は音楽家パウル・ヒンデミットピアノを教わっている。

彼はロケットの先駆者ヘルマン・オーベルトの著した論文『惑星間宇宙へのロケット(1923年)』を手に入れるまでは、物理学数学が不得意であった。しかしその論文を手に入れてからの彼は数学に打ち込み、得意科目にするまで努力した。

[6]次ページ
(2.1.学生時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/07 07:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant