ヴェルダンの戦い
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ヴェルダンの戦い(ヴェルダンのたたかい、Battle of Verdun)は、第一次世界大戦西部戦線下、フランス共和国内のヴェルダンを舞台に繰り広げられたドイツ軍フランス軍の戦いである。第一次世界大戦における主要な戦いの一つで、1916年2月21日に始まり、両軍合わせて700,000人以上の死傷者を出した。
ドイツ帝国は膠着した戦況を挽回すべく、参謀総長エーリッヒ・フォン・ファルケンハインの発案により、目標をパリへと続く街道にあるヴェルダンに定めた。ここで大量の損害をフランスに与えることにより、フランスが戦争を継続できなくなるよう企図したのである。当初においてこの作戦は成功をおさめていたが、この戦いを消耗戦と理解しないヴィルヘルム皇太子ヴェルダン攻略に固執した。その結果、両軍とも泥沼式に師団を投入して多大な損害を出した。この戦いの最中に東部戦線でのロシア軍ブルシーロフ攻勢イギリス軍によるソンム攻勢が始まり、ドイツ軍はそちらの方に戦力を回さなければならなくなった。そのためヴェルダン攻略は中止された。
目次
1.背景
2.両軍の態勢
3.経過
4.結末
5.影響
6.その他
7.出典
8.参考文献
出典:Wikipedia
2019/07/15 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/22 更新
 1位日本
 2位逆鉾昭廣
 3位9月21日
 4位清須会議 (小説)
 5位プレーオフ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant