サービス終了のお知らせ
ヴィシュヌ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ヴィシュヌ: ?????? Vi??u)はヒンドゥー教である。ブラフマーシヴァとともにトリムルティの1柱を成す重要な神格であり[1][2][注 1]、特にヴィシュヌ派では最高神として信仰を集める[4][5]
ヴィシュヌ派ではヴィシュヌは形の無い形而上的なコンセプトであるブラフマンと同一視され、至高のスヴァヤン・バガヴァン英語版であるとされ、また、ヴィシュヌは世界が悪の脅威にさらされたとき、混沌に陥ったとき、破壊的な力に脅かされたときには「維持者、守護者」として様々なアヴァターラ(化身)を使い分け、地上に現れるとされている[6]。ヴィシュヌのアヴァターラのうち有名なものではマハーバーラタクリシュナラーマーヤナラーマが含まれている。また、ヴィシュヌはナーラーヤナジャガンナータ、ヴァースデーヴァ、ヴィトーバ英語版、ハリ英語版といった異名でも知られ、スマールタ派のパンチャーヤタナ・プージャー英語版では5柱の信仰対象の神々の1人に数えられている[5]
偶像としてはヴィシュヌは通常青い肌の色で4本の腕を持つ姿で描かれる。下の左手にはパドマ英語版、下の右手にはカウモーダキー英語版、上の左手にはパーンチャジャニヤ英語版、上の右手にはスダルシャナ・チャクラ英語版を持つ[注 2]。また、とぐろを巻くアナンタ英語版の上に横になってまどろむ姿を描いたものも多くみられる。これは現実世界はヴィシュヌの夢に過ぎないという神話の1場面を切り取ったもので、通常彼の配偶神であるラクシュミーが一緒に描かれる[7]
目次
1.概要
├1.1.名前
└1.2.特徴
2.聖典
├2.1.ヴェーダ
├2.2.トリヴィクラマ
├2.3.ブラーフマナ
├2.4.ウパニシャッド
├2.5.プラーナ文献
├2.6.サンガム及びサンガム以降
└2.7.バクティ運動
3.ヴィシュヌ派
4.他の神々との関係
├4.1.ラクシュミー
├4.2.ブラフマー、シヴァとの関係
└4.3.ガルダ
5.ヴィシュヌのアヴァターラ
├5.1.ダシャーヴァターラ
└5.2.ヴィシュヌの1000の名前
6.シク教
7.仏教
8.寺院
9.その他の文化でのヴィシュヌ
10.関連項目
11.脚注
12.参考文献
└12.1.参考文献
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/09 21:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant