ヴャチェスラフ・モロトフ
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.1.生い立ち
1890年3月9日ロシア帝国のヴャトカ県ヤランスク市クカルカ村(現在のキーロフ州ソヴィェツク)で生まれた。父ミハイルは領地管理人、母アンナは裕福な商家の出という裕福な家庭に育った。1906年ロシア社会民主労働党に入党し、ボリシェヴィキのメンバーとなった。1909年カザン工業学校在学中に逮捕され、ヴォログダ流刑となる。1911年、刑期を終えてペテルブルク高等専門学校に入学した後、再びイルクーツク県に流刑された。1912年に創刊された党機関紙『プラウダ』には編集書記として参加し、この頃から「モロトフ」の名を使い始める。このほか「ジャージャ」(伯父)や「ミハイロフ」というペンネームも用いた。

[6]次ページ
(1.2.ロシア革命)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/22 22:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant