ヴァルナ十字軍
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ヴァルナ十字軍(ヴァルナじゅうじぐん)は、1443年から1444年にかけてハンガリーポーランドを中心としたヨーロッパ諸国が、バルカン半島から中央ヨーロッパにおけるオスマン帝国の拡大と脅威の排除を試みた一連の軍事行動。1443年1月1日に教皇エウゲニウス4世の呼び掛けに始まり、ハンガリー・ポーランド王ウラースロー1世トランシルヴァニアヴォイヴォダフニャディ・ヤーノシュブルゴーニュ公フィリップ3世枢機卿ジュリアーノ・チェザリーニらが参加した。
1444年11月10日、ヴァルナの戦いで十字軍はムラト2世率いるオスマン帝国軍との決戦に挑んだが、ウラースロー1世やチェザリーニらが戦死する大敗北を喫し、ヴァルナ十字軍は失敗に終わった。ヴァルナ十字軍(英語: Crusade of Varna)の名は、この最後の決戦からとられている。
目次
1.背景
2.十字軍
├2.1.初期の戦闘
├2.2.ニシュの戦い
├2.3.ズラティツァの戦い
├2.4.和平交渉
└2.5.ヴァルナの戦いと崩壊
3.その後
4.脚注
出典:Wikipedia
2018/12/02 00:34
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant