サービス終了のお知らせ
ヴァルター・ネルンスト
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.1.生い立ち
プロイセンのブリーゼン(現ポーランドヴォンブジェジノ)に生まれた。グラウデンツギムナジウムに入学し、ラテン語で優秀な成績をとった[1]。はじめは詩人を目指していたが、化学教師の影響を受け科学者への道を目指すようになった[2]。卒業後、チューリッヒベルリングラーツで学び、さらに1886年にヴュルツブルク大学に移り、そこで学位をとった[3]

グラーツではルートヴィッヒ・ボルツマンのもとで、アルベルト・フォン・エッティングスハウゼン英語版と共に研究を行い、その成果はヴュルツブルク時代の1887年に論文としてまとめた[4]。これはエッティングスハウゼン-ネルンスト効果ドイツ語版(エッティングスハウゼン効果 - Ettingshausen effectネルンスト効果 - Nernst effectとも。1886年)として知られている。またヴュルツブルクでは、イオンの研究で知られるコールラウシュやスヴァンテ・アレニウスらとともに研究を行った。

[6]次ページ
(1.2.ライプツィヒ・ゲッティンゲン時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/29 19:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant