ワイリー方式
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ワイリー方式(ワイリーほうしき、Wylie transliteration)はチベット文字による綴りをラテン・アルファベット翻字するための方式のひとつ。1959年タレル・ワイリーにより考案され、チベット研究における翻字の標準的な表記法となった。
目次
1.概要
2.歴史
3.子音
4.母音
5.その他
6.拡張ワイリー方式
└6.1.コンピュータ上での使用
7.大文字の扱いについて
8.脚注
9.参考文献
10.関連項目
11.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/07/29 23:01
ソ人気記事ランキング
2019/10/23 更新
 1位日本
 2位矢島健一
 3位山口組
 4位10月22日
 5位司忍
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant