サービス終了のお知らせ
ワンマン運転
▼人気記事ランキング
2.日本におけるワンマン運転
日本では主に列車あたりの輸送量が小さい線区や路面電車路線バスにおいて、人件費削減のために実施されている。このため複数による分業よりも運転手にかかる負担が大きい。日本の路面電車やバスのほとんどがワンマン運転を行っている。

ワンマン列車であっても、乗降客の多い時間帯や区間を運行する場合、車両が多く運転士のみでは客扱いしきれない場合、ワンマン化されて間もない場合などには車掌資格を持たない添乗員が乗務することがある。添乗員は乗客への案内や乗車券販売、車内改札といった補助業務のみを行い、扉開閉など列車の運転業務は運転士が行う。例えば、京阪石山坂本線では朝ラッシュ時、後方車両に列車防護要員が乗務する。列車防護要員には運転士の資格を持つ者とそうでない者とが存在する。

夜行高速路線バスなどで運転士が2人乗務し、1人の運転士が運転を担当している間はもう1人の運転士は仮眠をとり、数時間ごとに運転を交代しながら運行するケースがみられるが、認可上はこれもワンマン運行という扱いである[6]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/25 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant