ロバート・バーンズ・ウッドワード
ふたご座|無料相性占い|運命の赤い糸
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ロバート・バーンズ・ウッドワード(Robert Burns Woodward, 1917年4月10日 - 1979年7月8日)は、アメリカ合衆国の有機化学者。「20世紀最大の有機化学者」[1]と評価されている。
マサチューセッツ州ボストンのアーサー・ウッドワード(イングランド系移民)とマーガレット(旧姓バーンズ、スコットランドグラスゴー出身)の間に生まれた。早くから化学に関心を持ち、1933年にマサチューセッツ工科大学 (MIT) に入学したが勉強不足で翌年放校処分となった。しかし1935年に再度入学を認められ、1936年学士号を取得、さらに翌年には博士号を授与された。その後主にハーバード大学で研究を行った。
1942年からキニーネ全合成に取り組み始め、1944年ウィリアム・デーリングと共に完成させた。この際に用いた「余分な環を作ることにより立体化学を制御する」という手法は、以降天然物全合成における標準的手法となった。
天然物の合成研究(抗生物質キニーネコレステロールコルチゾンストリキニーネリゼルグ酸レセルピンクロロフィルコルヒチンビタミンB12の全合成)により、1965年ノーベル化学賞を授与された。
また同年、ロアルド・ホフマンとともに、有機化学反応の立体選択性を予測する法則(ウッドワード・ホフマン則)を導いた。ウッドワードは合成化学の経験に基づく彼の着想を、分子軌道対称性に基づいて定式化した。彼はホフマンにその考えを確認するための理論計算を依頼し、ホフマンは彼の考案した拡張ヒュッケル法で計算を行った。ホフマンはこの業績により1981年ノーベル化学賞を受賞したが、ウッドワードはすでに死去していたので再受賞はできなかった。
ハーバード大学とともに1963年、スイスバーゼルに設立された「ウッドワード研究所」の所長を務めた。またMITおよびワイツマン研究所イスラエル)の評議員でもあった。
ウッドワードはさらに有機合成化学の研究を続け、1971年にビタミンB12の合成法を発展させた。マサチューセッツ州ケンブリッジで死去したときは抗生物質エリスロマイシン合成の研究中であった。この研究は彼のチームにより1981年に完成された。
相性占い|金融|心理テスト
愛内里菜|現金|エステ
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.若年期・教育
2.初期の研究
3.後期の業績とその影響
├3.1.有機合成とノーベル賞
└3.2.ビタミンB12の合成とウッドワード・ホフマン則
4.ウッドワード研究所と晩年
5.家族
6.論文
7.個性
8.受賞
9.名誉学位
10.脚注
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク

1. Elkan Blout (2001). “ROBERT BURNS WOODWARD 1917?1979 A Biographical Memoir by ELKAN BLOUT”. Biographical Memoirs of the National Academy of Sciences 80: 825?831. http://www.nap.edu/html/biomems/rwoodward.pdf. 

出典:Wikipedia
2017/07/02 03:00
内職|セルライト|懸賞
賃貸|さそり座|血液型占い
ソ人気記事ランキング
2017/07/23 更新
 1位ぼくらの勇気 未満都市
 2位大山のぶ代
 3位黒革の手帖
 4位オーロラ銃乱射事件
 5位二千円紙幣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant